黄金比はこれだ!漬けマグロ・たれの作り方

今回は、「刺身・丼」両方に合う漬けマグロの黄金比をご紹介します。

しょうゆ・みりん・酒とシンプルな材料で作るなかで、特に今回はしっかりとした香り・うまみを出すポイント・黄金比を押さえます。そのまま食べてよし、そして何よりホカホカのご飯に乗せてよしの食欲をそそるレシピになっていますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

漬けマグロ・たれ 作り方

1 材料(作りやすい分量)

マグロ 約200g

しょうゆ 大さじ3
みりん 大さじ1.5
料理酒 大さじ2

※ 丼にする場合はお好みでご飯・シソ・卵黄など

2 作り方

① みりん・酒を1分ほど弱火にかけ、アルコールを飛ばす。この際、火にかけ過ぎると水分も飛んでしまうため、短時間でさっと行う。

② ①にしょうゆを加えて混ぜたあと、マグロを入れて冷蔵庫で漬ける。

※ 漬け時間は、10分程度の短い時間から美味しく食べることが出来ます。

※ 漬けた状態のまま冷蔵保存することで、通常の刺身よりプラス1日ほどほど長持ちします(鮮度によって多少前後します)。

3 レシピのポイント

材料自体はとてもシンプルなレシピのなかで、特に今回は①アルコールを飛ばす、②調味料の黄金比について詳しくご紹介します。

まず、みりん・料理酒を弱火にかけ、アルコールを飛ばします。

このときの注意点は、火が強い・長時間火にかけると「水分」も一緒に飛んでしまうことです。そのため、弱火でゆすりながらアルコールを飛ばし、1分くらい(少し沸騰する程度)で火を止め、皿に移しましょう。

またマグロの黄金比は、今回は以下の割合で作ります。

しょうゆ:みりん:料理酒
3:1.5:2

実は、多くのレシピ本で見る割合は「3:1:1」などが一般的です。その中でこの割合を黄金比にした理由として、以下のことが挙げられます。

①熱したときにアルコール分が少し飛ぶ
②3:1:1のレシピは「保存食」の面も兼ねており塩気が強い

実は、漬けマグロの発祥は江戸時代で、マグロを日持ちさせるための保存食でした。

塩気が多ければ多いほど保存に向いていること、その名残から、多くのレシピは塩気が少し強めに作られている印象でした。

しかし私自身、

「保存食として何日も日持ちさせるよりも、美味しく食べたい!

と思ったこと、

そして何より「そのまま食べる・丼にする」どちらも大満足できるレシピにしたいと思い、塩気を減らし甘さと風味を加えました。

この割合で作ると、漬け込み時間で塩気は多少左右されますが、刺身・丼どちらでも美味しく召し上がることが出来ます。

照りもしっかりと出て、見た目も美味しそうに仕上がりました!

4 youtubeの料理動画でご紹介

漬けマグロの作り方 まとめ

① みりん・酒はさっと弱火にかけアルコールを飛ばす
② しょうゆ:みりん:酒=3:1.5:2

今回は、漬けマグロの作り方をご紹介しました。

漬けマグロは調味料で香りやコクをプラスするため、マグロのぶつ切り・また日が少し経ってしまったマグロを美味しく食べる方法としても嬉しいレシピです。

「思い立ったら作る!」ことのできるくらい簡単なレシピになっていますので、漬けマグロが無性に食べたいとき(笑)、刺身が余った時など、ぜひ試してみて下さい。

 

★料理名・材料などで検索♪★
・料理 → 唐揚げ、ポテトサラダ、チーズケーキなど
・食材 → 鶏胸肉、なす、キャベツなど
・その他→ スーパーのセール品や冷蔵庫の残り食材など(笑)

料理名・材料などで検索♪